よく分かる低血圧

起立性低血圧

起立性低血圧とは、横になった体勢や座った体勢の状態から、急に身体を起こした時・急に立ち上がった時に血圧が下がり、立ちくらみ・眩暈・失神などの症状が現れるものを言います。

立っている状態の時に、血液が重力に従って下肢へと集まって溜まってしまい、血液が心臓へ戻れず、心臓から拍出される血液量が減って動脈圧が低下することが原因で起きます。

その中でも、日常生活の動作で症状がたびたび起こり失神の危険がある人や、起き上がることができないほどの症状が出た場合には、治療が必要とされます。

定義としては

一般的に立ち上がった後、3分以内に最高血圧が20mmHg以上、最低血圧が10mmHg以上の低下が見られるものを言います。

血圧が一時的に低下して起こる症状なので持続性のなく一過性のもので、普段の血圧が低い人だけに起こるというわけではありません。
座った状態で血圧を測定した時に、正常な血圧・高血圧・低血圧の人、誰にでも起こる可能性があります。

急に立ち上がって眩暈を起こす「脳貧血」は、「起立性低血圧」の症状のひとつです。

症候性起立性低血圧(二次性起立性低血圧)

症候性起立性低血圧とは、病気や薬によって「起立性低血圧」が引き起こされていると、原因のはっきりと分かっているものを言います。
原因がはっきりとしているので、病気の治療を治すことで症状を起こさなくなります。

症状を引き起こしやすい病気としては、パーキンソン症候群、大動脈弁狭窄症・僧帽弁狭窄症、アジソン病・副腎機能不全などにより、症状が起きることがあります。

特に原因の50%は、糖尿病による自律神経障害によるものが多いとされています。

また、亜硝酸製剤・降圧薬・精神安定剤・向精神薬・抗パーキンソン薬などの服用で、症状が引き起こされることもあります。

特発性起立性低血圧(本態性起立性低血圧)

特発性起立性低血圧とは、原因となる病気を治すことで改善される「症候性起立性低血圧」とは違い、原因となる病気はないが「起立性低血圧」を起こすことを言います。

眩暈・立ち眩み・吐き気など脳症状とともに、動悸・脈が速くなるなど心臓症状が現れることがあります。

動脈硬化の進行している高齢者の場合には、起立性低血圧に伴って脳梗塞・一過性脳虚血発作・狭心症・不整脈などの症状が出ることありますが、一時的な症状ですので、身体を横にすることで、正常な血圧に戻ります。

シャイ・ドレーガー症候群

シャイ・ドレーガー症候群は特発性起立性低血圧のひとつで、40代~60代の中高年者の男性に多く発症し、起立性低血圧を初期症状とし、徐々に進行していきます。

進行すると失神するようになり、痙攣発作や食事性低血圧を起こし、排尿障害・分泌異常・眼球運動の障害のほか、筋肉の萎縮などの症状が現れます。

治療法としては、現れる症状にあわせ対症療法により症状を軽減することが、今現在できる最大限の治療となっています。


食後性低血圧

食後に限って眩暈がして、立ち眩みを起こすという一過性の症状が続く場合には、高血圧であっても「食後性低血圧」を起こしている可能性があります。

特に子供や高齢者になる人が多く、糖尿病やパーキンソン病などの神経障害がある場合には、普通の人よりもなりやすくなっています。

食べ物を消化・吸収するために、血液が胃や腸に集まり、通常は自律神経の働きにより、血液循環量を補うために血圧や心拍数があがりますが、自律神経がうまく働かない場合に、脳など他の部分へ回る血液量が減ることにより起こります。

特徴

特徴としては食後2時間程度、血圧が下がり続け、最終的に最高血圧が普段より20~40mmHg下がり、顔からの血の気が引き冷や汗が出て、酷い場合には失神してしまいます。


高齢者と起立性低血圧

高齢者の場合、自律神経の調整が働かなくなり、脳への血流が低下することにより、「起立性低血圧」や「食後性低血圧」が起こりやすくなっています。

立ち上がったときに立ち眩みを起こした高齢者が転倒し、その際に足を骨折したという例が増えています。
高齢になると骨がもろく骨折しやすくなるので、転倒防止のためにはゆっくりと上半身だけを起こし、次に頭を下げながら立ち上がることで、避けることができます。

Copyright(c) よく分かる低血圧 All Rights Reserved.
運営会社