よく分かる低血圧

低血圧な子供

低血圧は大人だけがなるわけではなく、子供にも意外に多く見られます。

低血圧の子供の10人~20人に1人が「起立性調節障害」であるとされ、自律神経機能の失調によって、さまざまな症状が現れてくると考えられています。

低血圧と起立性調節障害は、症状がほとんど同じですが、思春期前後の子供に多く見られるため、小児疾患とされています。

小・中学生の子供が、立ち眩み・頭痛・目覚めの悪さ・腹痛・倦怠感などの不調を訴え、繰り返し医師の診察を受けに行き、血液検査や診察では異常が見つからない場合の多くが、「起立性調節障害」と診断されます。

起立性調節障害の傾向

年齢としては、小学校の高学年から高校生までに多く現れ、性別では、男子よりも女子に多く見られる症状で、急激な成長に対して自律神経機能の働きが、バランスを失うために起こると考えられています。

また、心理的な理由としては、過剰適応な性格で、他人に気遣いをしてストレスをためやすい傾向が見られます。

起立時には、血圧の低下が酷く現れ脳貧血を起こす場合と、血圧には異常のない場合があります。

大人になると治る人が多いことから、思春期の発達過程における生理的反応で、病的なものではないと考えられています。

起立性調節障害の種類

起立性調節障害は、起立直後に活性化する交感神経が反応せず、循環する血液の量が少ないことも互いに作用し合って、血圧が低下したままになった状態で、心臓は血圧を保とうとするために心拍数を増やし、起立中に頻脈を起こします。

起立性調節障害には、大きく4つに種類に分けることができます。

起立直後性低血圧

起立直後に、一過性の強い血圧の低下があるため、強い立ち眩み・倦怠感があり、血圧の回復に25秒以上の時間がかかる場合には、起立直後性低血圧と言えます。

軽症型と重症型があり、起立時の血圧の低下が強く、最高血圧が15%以上低下したままの場合には、重症型と判断されます。


体位性頻脈症候群

頻脈・ふらつき・倦怠感・頭痛などの症状があり、起立時の心拍数が115以上か、起立中の平均心拍の増加が35以上で、起立時に血圧の低下はない場合に判断されます。

起立中の下半身へ血液が溜まったことに対し、交感神経が過剰な興奮や、アドレナリンの過剰分泌によって起こると考えられています。


神経調節性失神

起立中に突然、過剰な頻脈を起こし心臓が空打ち状態になるため、心室壁にある機械的受容器が刺激されることにより、血圧が低下し脳貧血の状態になります。

発作時には徐脈や、酷い場合では失神による外傷や事故などの危険性、心停止を起こし突然死の可能性もあります。

起立直後性低血圧・体位性頻脈症候群の場合でも、この症状を起こすことがあります。


遷延性起立低血圧

起立直後の血圧は正常なのですが、起立した後、数分以後に徐々に血圧が下がり、最高血圧が20mmHg以上の低下し、静脈系の収縮不全と考えられ、最低血圧は上昇するために、脈圧の狭小を引き起こします。


診断基準

心臓病や貧血などの異常が見られず、大症状と小症状とに区別された症状の数が、大症状が3つ以上の場合、大症状が2つ・小症状が1つ以上の場合、大症状が1つ・小症状が3つ以上の場合で、症状の現れる頻度についても考慮し、起立性調節障害であると診断されます。

大症状

立ち眩み、
または眩暈を起こしやすい。
立っていると気持ちが悪くなり
、酷くなると倒れる。
お風呂に入っている時、
または嫌なものを見聞きすると気持ちが悪くなる。
少し動くと動悸、
または息切れがする。
朝起きられず、
午前中は調子が悪い。

小症状

顔色が悪い。
食欲がない。
腹痛をときどき訴える。
疲れやすい、または倦怠。
頭痛を訴える。
乗り物酔いしやすい。
起立試験で脈圧の狭小化が
16mmHg以上ある。
起立試験で収縮時の血圧の低下が
安静時よりも21mmHg以上ある。
起立試験で脈拍数の増加が
1分間に21以上ある。
起立試験で立位での心電図でT波に
0.2mV以上の減高、
とその他の変化がある。

Copyright(c) よく分かる低血圧 All Rights Reserved.
運営会社